読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり暮らしの愉しみ方

30代独り身サラリーマンが大好きなスポーツの事を中心に記していきます。

力士の大型化について

ここ数年、TVやラジオ中継内で元小結舞の海秀平さんが度々警鐘するなど、力士の大型化という言葉をによく耳にするようになりました。

 
その点について相撲ファン目線で感じていることを少し書いていきます。
 
まず初めに私の好きな力士を挙げていきますと…
 
現役力士
引退力士
 
軽量だったり、多彩な技を持つ力士が好きなのです。
 
軽量力士が大型力士に勝つ
 
これが取り組み内において一番爽快であり、痛快でもあります。
 
力士の大型化についてはあまり実感がありませんが、近年こうした場面が減っているなとは感じていますし魅力ある軽量力士が少なくなってきているのも事実です。
 
「相撲内容の充実」という言葉も中継の中でよく耳にします。
大型化が内容を乏しくしている一因なのだとすれば、専門家の方はどんどん警鐘していってほしいと思います。
 
実際、大きい=強いではないことは、現役横綱3人が幕内力士の平均体重以下といういうことからもはっきりしています。
 
 
個人的な好みもありますが、強い魅力のある軽量力士がどんどん出てきて相撲がもっと盛り上がっていってほしいと思っています。