ひとり暮らしの愉しみ方

30代独り身サラリーマンが大好きなスポーツの事を中心に記していきます。

【プロ野球の記録】大卒投手

f:id:apex2009-14:20160309230539j:image
広島の黒田投手が200勝(日米通算)まであと7勝と迫っていますが、達成すれば大卒の投手としては46年振りの記録となります。

200勝以上をあげた投手は過去に25人いますが、大卒の投手は4人しかいません。しかも半世紀も前の投手ばかりということもあり現役を時代を知りません。

最近ですと元西武の西口がもう少しというところ(182勝)までいきましたが達成できませんでした。
こういう記録を知るとなんとか黒田には達成してもらいたいですし、その可能性は高いと思います。

大卒の200勝達成投手
若林忠志  237勝 144敗  528試合 (1936~1953) 
村山実  222勝 147敗  509試合 (1959~1972) 
杉下茂  215勝 123敗  525試合 (1949~1961) 
藤本英雄  200勝 87敗  367試合 (1942~1955) 

さらに大卒の投手に関して、左投手に限るとヤクルトの石川雅規投手が最多勝利を挙げています(144勝)

さらに石川投手,ここまで二桁勝利を11度挙げており、あと1回二桁勝てば並んでいる村山実を抜いて大卒投手として最多の記録となります。

こちらの記録も今シーズンに達成してほしいところです。

f:id:apex2009-14:20160309231530j:image



【今夜ゴング】山中慎介10度目の防衛戦

f:id:apex2009-14:20160304000254j:image

ボクシングWBCバンタム級チャンピオン山中慎介選手の10度目の防衛戦が今夜行われます。

私が1番好きなボクサーです。
同じ年でさらに同じ左利きということが大きな理由ですね。

どんなスポーツでもそうですが、私は左利きの選手をひいき目に応援してしまいます。

ボクシングですと、西岡利晃や長谷川穂積なんかがそうですね。

山中慎介選手に関してはボクシング界では決して若くない33歳という年齢でバリバリに世界のトップを走っています。
ラスベガスで試合をしたいという目標も語っていますし、まだまだ進化していく選手だと思います。

10度目の防衛戦も「神の左」でキレイに倒してスカッとした気分にさせてもらいたいです。

WBC世界バンタム級王者 山中慎介:東京後援会オフィシャルサイト

泊まれる本屋


泊まれる本屋というコンセプトがついた空間が池袋にあるらしいです。

本好きの私に取って非常に興味深いものであるので、少し調べてみました。

f:id:apex2009-14:20160302231212j:image
f:id:apex2009-14:20160302231308j:image
f:id:apex2009-14:20160302231317j:image
本棚の間のスペースにベットが入っているだけという簡易的な造りです。

本と寝るスペースのみという非常にシンプルな所ですが、本好きに取ってはたまらない空間なのかもしれませんね。
(共用のトイレとシャワールームあり)


男女共用でプライバシーもなにもない空間ですが、2015年にオープンしてから連日ほぼ満員ということです。

余計なものを一切置かず、ただ本を読む事に没頭する空間ということですから心配も無用ということなのですかね。

料金は¥3500〜ということですが、どう感じるかはその人次第ですね。

東京在住の私が池袋で¥3500払って本読んで寝て帰ってくるというのは非効率なことですが、単身旅行者にとっては宿泊スタイルの1つと考えても良さそうな気がします。

【ダイエット検定】対策講座受講

f:id:apex2009-14:20160227152122j:image

ダイエット検定の対策講座を受講してきました。

模擬テストを受けた後,講師が解説をしていくという内容の流れでしたが、テキストに載っている内容説明と、文字通り検定対策が中心ということもあり特別に新たな知識を得れたという感じはありませんでした。


ただこの講座を受講した人の検定合格率は100%という朗報がありました。
元々それほど難しいものではなく、大事なのは取ってからそれをどう生かすということですからね。


社会に出て以降勉強することがなくなった私は、現在学びの楽しさを実感しています。

合格したら小ネタを少しずつ載せて行こうと思っています。

ダルビッシュの肉体がスゴイ‼︎!

ダルビッシュ心も体もマッチョ 順調な回復ぶり - MLB : 日刊スポーツ

今朝のニュースで「ダルビッシュがパワーアップして体重107kgに」というものがありました。

それでも身長が196㎝ありますし,屈強な打者と対峙するメジャーではデカすぎるということはないと思いますが、甲子園で活躍していた頃に比べるとかなりデカくなっていますね。

高校時代
f:id:apex2009-14:20160221203648j:image
大体85,6kgです

日本ハム時代

入団当初
f:id:apex2009-14:20160221204615j:image


2011年
f:id:apex2009-14:20160221204441j:image

入団時よりは当然デカくなっていますが、まだ100kg未満です。

現在
f:id:apex2009-14:20160221204855j:image
f:id:apex2009-14:20160221204804j:image
スゴイ腕してますね 笑

様々なところで紹介されていますが、トレーニングと食事に関してはとにかくストイックに行っているということです。

復帰が待ち遠しいですね。

田中、岩隈にそして今年から前田健太もメジャーで投げます。近いうちに大谷翔平も行くでしょう。

日本の投手がメジャーリーグのタイトルを総ナメにするという夢のようなことも、そう遠くない時期に現実として起こり得ると思います。

その大谷翔平もオフに肉体改造して体重100kgの大台に乗せました。徐々にメジャー仕様に肉体を近づけていってますね。
ひとまず今年の活躍に期待です。 

【巨人】ドラフト2位ルーキー重信の株が急上昇

f:id:apex2009-14:20160218223601j:image

由伸巨人、韓国LG下し初陣飾る ドラ2重信は猛打賞&好走塁 (スポーツナビ) - Yahoo!ニュース

先日巨人の外野手事情について書きましたが、ここに来てドラフト2位ルーキーの重信慎之介選手の評価がグングン上がっています。

50m5秒7の俊足が注目されていましたが、12日の紅白戦で3安打、18日の韓国LGとの練習試合でも3安打とバッティングでも結果を残しています。

外野手は競争が激しく、立岡、橋本とタイプはカブリますがこの調子で行けば開幕一軍どころかスタメンありえますね。

いっそのこと重信、立岡、橋本と並べてかき回してくれると面白いかなと少し思っています。

しかし、期待している大田泰示の名前が全然出てきませんね。

偉くなるにはユーモアも必要

仕事においても、日々の生活においてもユーモアって大事ですよね。
緊張をほぐしたり対立関係を改善したりして場を和ませる効力があります。良好な人間関係を築き保っている人の多くは、こういったセンスを持っており有効活用しています。
今日のSANKEI EXPRESSに面白い記事が載っていたのでご紹介します。

アメリカ第40代大統領のロナルド・レーガン氏は選挙演説で、

「私は大統領になるための資質を全て持っている。第1に記憶力、第2に…、えっと、なんだっけ」

銃撃を受け、夫人が駆けつけた時には、
「よけるの忘れちゃったよ」

日本人には思いつかないすごい発想ですよね。

真面目にやっていく中にもこういうユーモアを混ぜて、場を和ませることの大事さを感じた記事でした。